店長紹介   


ヒゴスポーツ店長:國武
店長の國武です。当サイトでは、自らがこだわって厳選した"最高の質と機能性を誇るバット"のみをご紹介させていただいております。できる限り、値段についてはお求め安い価格を維持できるように努力させていただいております。



スポーツ
ホーム トレーニングバット オールドヒッコリー FT1 メイプル製トレーニングバット
オールドヒッコリー FT1 メイプル製トレーニングバット
ボールをバットの正しい面でとらえるためのトレーニングバット。バットがボールと正しくコンタクトするためにはどのように握ればいいのか、どのように構えればいいのかを自然と学ぶ事ができます。中学生からプロまで、みなさんに取り入れてもらいたいトレーニング方法のひとつです。材質はもちろんハードメ イプルで長さは84センチ。

このバットは打球面が真っ平らになっているのが特徴で、金属バットから木製バットに変更するときに有効なバットです。このバットはインパクトの瞬間までボールを見続ける練習になり、正しいグリップでボールを打つ練習にもなる。 

このバットを使い、最後の最後までボールを見続ける練習についてご紹介します。打球面が真っ平らになっているため正しい角度でバットとボールがコンタクトしなければボールはインフィールドに飛んでいかない。トスバッティングなどで非常に効果が見られると思う。相手投手にきちんとボールを打ち返すためには平らな部分で正確にボールをとらえなければならない。そのために自然と最後の瞬間までボールを見ようとする。実際にはボールが当たる瞬間まで見ている打者はいない。しかし、ボールをなるべく見続けられる打者が好成績を残す。変化球に弱い打者などはボールの見切りが早すぎるのだ。見逃し三振などもボールの見切りが早い。もちろん空振りもだ。




これをなるべく手元まで見続けるように練習するといいはずだ。そこでこのFT1が効果を発揮する。このバットを持てば、誰もがボールとバットのコンタクトの瞬間を大事に考え始める。自然とそうなるだろう。それが癖となれば、試合での打席でもボールを丁寧に見るはずだ。 そして自分のグリップが正しいかどうかも確認できる。構えたときからバットを振り下ろしたときにボールに対してどのような角度になっているかを確認できる。内角球でも外角球でもいつでも同じ角度でバットに当てなければいけないのだが、それができない人がいる。手首をこねてしまう人、手首が硬い人などはこれで一発に見抜けてしまう。 もちろん、もっとも効果があるのは金属バットから木製バットに変更する人だ。大学で野球を続ける場合、バットを折ってしまうのが一般的だ。木製バットに慣れていないことが原因であるが、芯でとらえることができないのと同様に金属バットでの打ち方に慣れすぎてしまい、木製バットに対応できないことがある。

大体の選手は3ヶ月もすれば木製バットの打ち方に慣れてくるが、適応の遅い人もいる。そうこうしているうちに本来の打撃を忘れてしまう、あるいは変な癖がついてしまうなどの悪い状況に追い込まれる。最悪の場合、手を故障してしまう事もある。実際に手を故障してしまい、有望視されながら入部したにもかかわらず、実力を発揮させることなく終わってしまう選手も多いとか。 冬場のトレーニングはつまらないものが多いが、たまには気分を変えてこんなバットで練習するのもいいかも。トスバッティングなどで効果があるはずです!


※バットの角に白い筋がはいっている場合がありますが、バットの形状が角型のため不可避の事態です。そのため、バットの価格を安めに設定しております。使用上には問題はありません。(硬式・軟式兼用)

■長さ 84cm  ■重さ 850g

・ 販売価格

8,400円(税込9,072円)

SOLD OUT